お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

「文字起こし」空気階段の踊り場20190712「オープニングトーク(将棋部の始まり)」(その6)

空気階段の踊り場でのトークです。

f:id:kaiseikamibukuro:20190717202304p:plain

()が鈴木もぐらの発言で、()が水川かたまりさんの発言です。

 

 

()で、確かに歴史が長くて多分それは、

羽生さんが7冠の頃とか..

()将棋がブームだった頃...

()まぁね。

()部員がいっぱいいた時ね。

()将棋がそんなサブカルチャーな感じに追いやられる...

まぁ俺の中ではメインだけど

ちょっとサブカルチャーに動き出した頃だったから...

ちょうど十何年前くらいの..

今みたいに、今はすごい盛り上がってきたけど..

()まぁ藤井くんとか

()天才とか出てきてね。でも、ちょうどだから一番人気が

なかった頃よ。

()はいはい、低迷期。

()低迷期だった頃。「すごいだろ」っていって

僕は卒業してしまった三年生の先輩に

これを守れと言われた。しかし、もう守ることは

できない限界だと思って...自分の手で潰そうとしたんだ。

そしたら君たちが現れた。」っていってて。

()うん。

()で、俺たちお願いしたの。「先輩....もう一回俺らと一緒に将棋やりませんか?」って

「ソウデスヨぅセぇンパイ。ヤぁリマショウヨぅ」って、そしたら部長が

「はぁ..仕方ない。

 

わかったよ。

 

 

あと二年、君たちに付き合おう。」って

 

 

で、俺らの将棋部が発足したの。

()発足したんだ。

これすごくないっすかこの始まり方。

伝説の始まりだよ。

 

()全国制覇しそうでしょ。

()全国制覇、マジでしそう。

()で、将棋の大会って三人が最低人数だから...

先輩は、入った時も..もちろん出れてなくて

三年の先輩、二人しかいないから。

()二人しかいないから。

()出れてなくて...先輩卒業して一人で...

で、潰そうと思ってた時に俺と

王子が入ったことによって三人揃うっていう。

()先輩も実は、将棋ツマンネぇとか言いながら

本当は、二人に入って欲しくて

わざと終盤でポカしたっていう可能性もある。

()ていうのもね...あると思うんだよ。あの、接戦からいきなりポカしたから。

()ちょうど、勝ち筋見えた時に

ホアホアホアホアって空想で、先輩が頭の中で

その全国大会とかで、華々しい舞台で指してる自分の姿が

浮かんできてわざと..わざとポカをして。

()部長がね...ミヤモト先輩っていうんだけど...

まぁそんな始まりだったんだよ。で、

結局3年間誰一人入らず

そっから新入部員も来ず。結果は最終的に..

 

「うーん  ...君たちは、弱いし、

 

すぐ負けるから

 

 

 

 

 

時間の無駄だから。

 

 

 

 

 

出さない。

 

 

 

()バットエンドですよ。

()最悪のバッドエンド。

 

他のリンクを貼っておきます。

 

www.owaraidaigakusei.com
www.owaraidaigakusei.com

www.owaraidaigakusei.com 

www.owaraidaigakusei.com www.owaraidaigakusei.com