お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

「文字起こし」空気階段の踊り場20190712「オープニングトーク(将棋部の始まり)」(その2)

空気階段の踊り場でのトークです。

f:id:kaiseikamibukuro:20190717202304p:plain

()が鈴木もぐらの発言で、()が水川かたまりさんの発言です。

 

()始まりの話?

()これすごい好きなんだけどこの話。

()この話ね。あの、まぁしてないかな?

()してないでしょ多分。

()俺、まぁ部活何入ろっかな?と思って最初パァーって見たら、その将棋部っていうのを見つけて...

()うん。

()「将棋部あんじゃん」って思って、当時から将棋好きだったから、将棋部入ろうと思って...

()うん。

()で、まぁ二年H組だったかな、二年H組...

()二年の時?

()二年H組が将棋部が集まる部室だったの。

()あぁ、放課後みんなが帰ったところに二年H組に集まるんだ。

()将棋部入部希望者は、何月何日何曜日何時二年H組に来てくださいって...

()はい。

()書かれてて。俺は1年A組だったの。

()うん。

()で、どんな人たちがいるのかなぁ。ってウキウキしながら、二年H組の前に行ったら、その教室の前でばったり、同じクラスの1年A組のその...スゴウっていうアダ名は王子っていうやつがいるんだけど...その王子もね...なんか、なんで王子だったかなぁ。背が高いんだよ。とにかく。「しぉょうぅくんじぁゃん」みたいな喋り方なんだけど...

()(笑)

()友達全然いなくて、王子。誰とも喋ってるの見たことない。

で、それで

「王子じゃん」って言って、「どうしたの」って。

「どぉうしたのぅって俺将棋部入ろうぅと思ってぇ」。

「いや、俺もなんだよ。」って

「将棋部じゃあふたぁりではぃいろっか」って

「そ...そうだな」って

初めて喋った。入学してもう2週間が経ってるのかな?初めて喋って。

「じゃあ行くぞ」って言って

ガラガラって開けたら

誰一人いないの。二年H組に誰一人。

えぇってどうしたって思って、教室見回したら、

一番隅っこの机。死角になってた部分に

一人だけぽつんと座っていた先輩がいて、その先輩が

俺ら二人のこと見て...

なんだ...君たち来ちゃったのか」っていうのよ。

「あ...はい。僕たちあの入部したいんですけど...

ここ将棋部のあの....部屋であってますよね?」

はぁああぁ....そうか...実はね。」その先輩眼鏡かけてて

眼鏡をクイってやって

 

()あげる感じね。

()「実はね..君たち二人が来なければ

僕の手でこの将棋部を潰すつもりだったんだよ

 

()(笑)

 

 

続き

 

 

 

 

www.owaraidaigakusei.com