お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

野良猫と大学生とおじさんの話。

最近の話なんですが。

f:id:kaiseikamibukuro:20190403141215p:plain

猫に会いました。

 

というのも最近は健康のために、

散歩をちょこちょこやっています。

家でも渋いお茶とせんべい食べながら

笑点を見てクスクス笑っています。

「紫の人面白いなぁ」とか

言いながら。もう60代の生活です。

 

そんな感じで健康のために歩いています。

あったかい春の日差しがあたり一帯に

差し込んでいました。

そんな時に、田舎なのでだだっ広い駐車場が

そこかしこにあります。

駐車場の隅の電柱のかげに

猫が一匹。ポツンといました。

上にあげた写真のようにべたりと

寝そべりながらいました。

 

「あ、猫だ」と思いましたが、

私は昔から気管が悪いので

猫などの毛のある動物が苦手で

触った後は手を洗わないと

咳とか鼻水とかくしゃみとか

とにかく大変なことになります。

 

なのでじぃーっと目を見ることにしました。

見た目的には好きなので。

 

そうしていると猫の方も

じぃーっとこちらをみつめてきました。

 

あとで知ったんですが

猫にとって目を合わせることは

喧嘩を売っていることに相当するようで

とても警戒されているという

意味になるそうです。

 

それを知らなかった私は

好意を持っていると

思い込んでずっと見つめていました。

 

触る気は無かったですが

ちょっと近くによってみたかったので

慎重に慎重に触ろうとしましたが、

近づこうとするとさっと距離を取ってきました。

 

まだ信頼されていないのかなぁと

またじっと眺めていました。

 

そこからおそらくですが

春の暖かな気候が幸いして

30分くらい眺めていました。

 

猫と変な大学生が30分くらい

見つめあうという状況を繰り広げていました。

 

そんな状況を通り掛った

おじさん(推定60歳)が一番

じっとこちらを眺めてきまして、

私も猫もおじさんは警戒すべき対象です。

 

びっくりして両者自分の寝床に

帰りました。

 

その時だけ

猫と心が通ったと思えました。

 

 

 

 

 

ブログ用のツイッター始めました。

twitter.com

よかったらフォローお願い致します。