お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

スーパーでゆりやんレトリィバァに逢えたと思った話。

f:id:kaiseikamibukuro:20190329170746p:plain

 

タイトルの通り

スーパーでゆりやんレトリィバァに逢えたと思ったという

話です。それだけです。

詳しくいうと

私が近くのスーパーに行った時

そこのスーパーは、肉の値段が

やすいです。その肉は

スーパー内のガラス張りになっている

精肉コーナーみたいなところで

精肉されていました。

 

まぁいつもみたいに

鶏肉が100g38円くらいで

安いなぁと思いながら

 

顔上げた時に

ガラス越しに見えた精肉の

店員がゆりやんレトリィバァそっくりでした。

f:id:kaiseikamibukuro:20190327012748p:plain

 

体型・身長・目元どれをとっても

本人にしか見えません。

 

「ゆりやんレトリィバァだ!!」と

声に出していうと流石に

白い目で見られるので

口元を隠して

ゆっくりカメラの存在を確かめようとしました。

 

ゆりやんレトリィバァと思ったと

同時に私は

「これ、もしかしてモニタリングじゃね。」と

思いました。

 

モニタリングであれば

隠しカメラもありますし、音声を拾うマイクも

必ずあります。

 

そのくらいのゆりやん感がありました。

写真を撮りたい気持ちを抑えて

 

もしモニタリングだったらと

考えました。

 

モニタリングであれば使えるコメントを

残したいです。5分くらいの長考で

導き出した答えは

「いやぁ びっくりしました。」

でした。私のIQは低いです。

 

そしてゆりやんレトリィバァさんの

存在に気づいたということを

スタッフさんに知らせるために

マイクがありそうな隅や

豚肉パックの重なってる所に

向かって

「もしかして、ゆりやんレトリィバァじゃない?」

と聞こえるように

つぶやいていました。 20分くらい

したところで気づきました。

「これテレビじゃないな。」

ただめちゃくちゃゆりやんさんに

似ているってだけの店員さんでした。

 

結局、じゃがりことカフェオレ買って

帰りました。

 

皆さんもお気をつけください。