お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

"無秩序の合体漫才"トム・ブラウンについて知ってほしい記事"狂気と破壊"

皆さんは「トム・ブラウン 」という

 

 

見た目からしてインパクト

破壊力がとてつもない

お笑い芸人さんをご存知でしょうか?

見た目以外にも

ネタの構成も他の芸人さんには

ない魅力を持っています。

その魅力を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

トム・ブラウンの簡易的プロフィール

f:id:kaiseikamibukuro:20190329113027p:plain

 

トム・ブラウンさんは

現在ケイダッシュステージに所属しています。

 

写真左が布川 ひろきさんで

写真右がみちおさんです。

 

 

 

布川ひろきさんの生年月日は1984年1月28日で

ツッコミを担当しています。身長は176cmです。

本名は布川大起(ぬのかわひろき)さんで北海道札幌市出身です。

趣味はギザ十集めとaikoについて調べることだそうです。

資格を沢山持たれていて

講道館柔道初段、落語協会落語通検定3級、

プロ野球エキスパート検定5級、日本将棋連盟認定5級を持っています。

肩までかかるほどの長髪です。これは2017年ごろから伸ばし始めて

その前までは普通の髪型でした。

これはオードリーの若林さんが「内面が変だから

見た目もそれに合わせた方がいい」というアドバイスを

受けて単独ライブでウィッグをかぶってみたところ

いつもよりウケたことがきっかけです。

札幌時代からの付き合いである女性と2016年に結婚しました。

 

 

 

  

 

みちおさんの生年月日は1984年12月29日で

ボケを担当しています。

北海道札幌市出身で身長は170cmです。

 

本名は道音 雄太(みちおと ゆうた)さんです。

スキンヘッドと太り気味な体形が特徴です。

舞台衣装はペンギンの描かれたNAVELのセーターです。

趣味はロボットアニメ鑑賞と映画鑑賞などだそうです。

特技はスノーボード・相撲・柔道と

怪力を生かした素手の芸。例えば

果物を潰してミックスジュースを作ることや

雑誌をそのまま破くなどがあります。

背筋力は300kgほどあるそうです。

 

みちおさんは、プロスノーボーダーを目指していたので

高校時代に布川さんから誘われていたお笑いの道を

一度断りました。スノーボーダーのインストラクターの

資格は取得できましたが、周囲とのあまりのレベルの差を

痛感してお笑いの道に向き直りました。

 

 

東京でやっていきたいという思いが

強くなった布川が、みちおさんがプロスノーボーダーを

諦めたと聞いて改めて声をかけ、札幌で結成に至ります。

公式な結成日は2009年1月12日です。

始めはフリーで活動した後に2010年7月から

ケイダッシュステージに所属しました。

 

 

 

近況を知りたい方はツイッターなどを確認するとさらに

知れると思います。 

 

twitter.com

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

由来

コンビ名の由来は「やまだたいちの奇蹟」の

登場人物であるトム・ブラウンから

来ています。 

 

 

芸風

 

ネタは主に漫才をしています。

アクションを大きくして、みちおさんが

好きなホラー的ネタ、一発ギャグを繰り出すことが多いです。

合体漫才と呼ばれる、有名人やアニメのキャラクターなどを

合体させるという設定の漫才をします。

合体は何度も失敗しますがそれを徐々に待望していきます。

最後には合体が成功して「できたので帰りまーす」と

いうのがおおよその流れです。

合体失敗の時のツッコミは「ダメー!」です。その時は

みちおさんの頭を掴むようにつっこみます。

 

合体ネタを初めてライブにかけた時には

いつもと空気が違うくらいにウケたので

手応えを感じて2017年のM-1グランプリで

準々決勝で敗退した後も1年間合体ネタを

突き詰めてみたそうです。

 

 

 

 

 

筆者の個人的感想

 

最初にみたのがにちようチャップリンだったと

思います。その時はムーミンのネタだったと

思います。それが面白くて

合体させるという新しい試みをしている

漫才ですごく面白かったです。

そこからM-1決勝に進出していて

ダークホース感が他の年に

比べて非常に高かったと

思いました。

そのインパクトは忘れられません。

これからも頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ用のツイッター始めました。

twitter.com

よかったらフォローお願い致します。