お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

"ツッコミをしない超新星!?"まんじゅう大帝国について知ってほしい記事"落研出身芸人"

 

みなさんは「まんじゅう大帝国」という

フリーの頃から業界をざわつかせていた

芸人さんをご存知でしょうか?

ざわつかせるほど面白い芸人さんだと

個人的に感じているので

今のうちに知っておいて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

まんじゅう大帝国の簡易的プロフィール

f:id:kaiseikamibukuro:20181220210923p:plain


 

 

 

 

まんじゅう大帝国さんはタイタンに所属しています。

 

写真左が竹内 一希(たけうち かずき)さんで

写真右が田中 永真(たなか えいま)さんです。

 

 

竹内 一希さんの生年月日は1994年4月27日で

漫才ではボケ担当です。東京都世田谷区出身で日本大学

芸術学部出身です。当時落語研究会に入っていました。

その時の高座名は外楼 一拝(あうとろー いっぱい)らしいです。

関東落研連合12代目総長を務め、

第12回・第13回全日本学生落語選手権・策伝大賞岐阜市長賞受賞。

第7回てんしき杯学生落語トーナメントで準優勝しました。

大学生時代にお笑いサークルに入りたかったが無かったため、

落語研究会に入ります。落語家を目指そうと考えたらしいですが

落語にそこまでの愛情を持てなかったという理由で漫才師になったそうです。

 

田中 永真さんの生年月日は1993年3月30日で

漫才ではツッコミ担当です。北海道鶴居村出身で

東京理科大学理学部第二数学科中退です。

竹内さんと同じく落研に所属していました。その時の高座名は

六花亭 空道(ろっかてい そらみち)らしいです。

関東落研連合11代目副総長を務め、第5回てんしき杯学生落語

トーナメントで優勝してらっしゃいます。

高校時代から芸人志望でしたが、竹内さんと同様に大学に

お笑いサークルがなかったために落語研究会に入り、

一人コントと思って落語に励んでいたそうです。

 

 

 

2016年6月に田中さんが竹内さんを誘ってコンビを結成しました。

その年のM-1グランプリ1回戦にフリーとして出場し、出番を

控えたアルコ&ピースのお二人が偶然舞台袖からまんじゅう大帝国の

漫才を見ており、コンビ名のインパクト、ネタの完成度の高さに

膝を震わせたというエピソードをラジオ番組で取り上げ話題になりました。

 

 

 

 

 

コンビ名の由来

コンビ名の由来は、二人で決めたそうですがその中でとにかく「大はつけよう」

「大、カッケーじゃん」となってそこから始めました。

そのようなことから「大帝国だ!!」となったそうです。

それに合うように言葉を選んで、「みんな大好きで柔らかいものはなんだ?」と

なった時に「まんじゅうだ!」となり

まんじゅう大帝国となったそうです。

 

 

 

近況が知りたい方はTwitterを確認するとさらに知れると思います。

 

twitter.com

 

 

芸風

学生落語の経験を生かし、古典落語に登場する八っつぁん・熊さんの

掛け合いのテイストを取り入れた漫才を行なっています。

竹内さんがボケで田中さんがツッコミを行いますが、

田中さんがツッコミを入れずそのままボケに乗っかって

話を展開していくようなスタイルも存在します。

ネタは田中さんがアイデアを出して竹内さんが最終判断を下す

という形を取っています。 

 

 

 

 

筆者の個人的感想

いやぁ... すごく面白いですよね。このお二人。

最初にテレビで見たときは芸歴がまだそこまで

ないのによく話せるなぁと思いながら

漫才を聞いていたんですが、この二人

落研出身の喋りがものすごくうまい人たちだったんだなと

この記事を書いていく中で感心してしまいました。

私個人として最近の芸人さんはボケよりもツッコミに

個性を発揮しているスタイルが多くなったような

気がします。このお二人の漫才は特に個性的で

私としては「検索ワード二番目のツッコミ」と思っています。

言いたいこととして一つ目では無いんですよね、

そんなメジャーなツッコミをするようなコンビではありません。

ですがやり過ぎってほど外れたツッコミをするわけでも無い

すかしである上に芯の入ったツッコミには驚きました。

また、ボケもとても面白いんですよね。

個人的に一番好きなボケは同じ人に同じことを話してしまう

といったもので、つかみとしてやっているのかなぁ

と思っていたら

途中のボケにも入ってきて「完成度高ッ」と思わず

言っちゃいました。このお二人の漫才は驚きが多くて

楽しめます。これからもっと人気になることは

間違い無いと思います。

  

ブログ用のツイッター始めました。

twitter.com

よかったらフォローお願い致します。