お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

"超厳選!!"オススメボードゲームを紹介ッ!"買って損なし"

みなさんはボードゲーム好きですか?私はあまり興味はありませんでした。子供の頃「人生ゲーム」と「モノポリー」を知っていてやったことがちょっとあるくらいでした。しかし、最近はボードゲームが色々出ていて驚きました。そんな中で、今回は私がやって楽しかったボードゲームについて紹介していこうと思います。みんなでワイワイ遊ぶときにはちょうどいいと思います。参考までに。

 

 

オススメボードゲーム

 

 

陣取り系パズル「ブロックス 」

 

ブロックスはフランス製のボードゲームで2000年に発売されています。ルールは簡単で、各プレイヤーが、それぞれ形の違った21個の色別のピースを利用し20×20のマスのボードの四隅から、時計回りに自分のピースを置いていきます。これで誰も置けなくなったら終了。置けたピースと置けなくなったピースのブロック数を数えるという得点方式です。陣取りゲームなので戦略性、相手の動きを読む力が大事になります。このゲームは、敷居が比較的低いので簡単に始められます。

 

 

心理戦が得意な人向け「ごきぶりポーカー」

このゲームに登場するのは、人にとっては嫌われている者例えば、ゴキブリやコウモリ、ネズミ、サソリなどです。そんな嫌われ者を押し付け合うゲームになります。ルールは、カードを全て伏せて配りきり、それぞれのプレイヤーはその内容を見ずに自分の前に山にしておきます。スタートプレイヤーは自分の前のカード1枚をとって、内容を確認、誰か一人にそのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言する。重要なのはこのとき「嘘をついてもいいということ。渡された人は黙って内容を確認し、ほかの人に名前を宣言しながら渡す。または本当かどうか宣言してカードを確認するというもの。最後に4枚同じ種類集まってしまったら負けのゲームです。

このゲーム最初は相手の表情、人間性くらいしか判断材料はありません。しかし後半は4枚目のカードの名前を宣言する。その時の相手プレイヤーは黙って取るか、勝負するかの二択で非常に迷います。単純ですがそこにドラマがあります。

 

感受性が求められる!?「ディクシット」

全世界で150万個以上売れてる超人気作です。このゲームはパズルのような論理的思考力は必要ありません。特に必要なのは"発想力"と"表現力"だと思います。このゲームのルールは、抽象的なイラストから言葉を想像し、それをみんなに伝えていくという珍しいゲームです。この"言葉"というのが擬音でも、単語でも、映画のセリフでも何でもあり!!親が言葉をヒントとしてカードとともに提出した後、それに合うカードを他のプレイヤーが提出する。そして親の出したカードを当てることができるかでポイントを競います。これも初心者にオススメであり、かつ勝敗にこだわらない方にはちょうどいいと思います。

 

環境構築からゲームが始まる「ドミニオン」

 

 

 まとめ

いかがだったでしょうか?この記事を参考に実際にプレイして欲しいと思います。私は勝ち負けのゲームは苦手ですのでディクシットが一番好きかもしれません。でもドミニオンは何時間でもプレイできました。楽しかったです。

 

他のおすすめの記事リンクを以下に貼っています。

よければお読みください。

 

www.owaraidaigakusei.com

www.owaraidaigakusei.com

www.owaraidaigakusei.com

www.owaraidaigakusei.com

www.owaraidaigakusei.com