お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

"笑いの最高速度爆進"ゴットタンの主な企画・面白さを紹介!!

今回は趣向を凝らしてテレビ東京の面白い番組をご紹介します。

 

 

 

ゴットタンの概要

f:id:kaiseikamibukuro:20181012120838p:plain

ゴットタン~The God Tongue 神の舌~略してゴットタンと呼ばれています。この番組は2005年2月の単発放送の後、好評であったため2005年10月から12月までレギュラー番組として放送、その後1年半の月日が経過した後、2007年4月から2011年9月まで木曜日にレギュラー番組として復帰、2011年10月から日曜に移動となり、のちに放送時間繰上げとなって現在に至ります。実はこの番組は「大人のコンソメ」という番組中に「ブルードラゴン」という話術だけで相手に青汁を飲ませるというコーナーがあってその発展版として始まりました。そこからバラエティ企画がメインになりました。レギュラーをはじめ吉本興業の所属でない出演者の比率が多番組と比べて高く非吉本系としての企画、「団体芸サミット」があります。その企画はアメトークで「吉本うらやましい芸人」としてコラボしたこともあります。

番組ロゴは現在2代目で2009年1月2日スペシャルから使用されています。放送中は右下に番組ロゴが常に表示されています。

 平均視聴率は放送枠に関わらず1%台で安定しています。レギュラーのおぎやはぎの矢作さんは「どの時間帯に行ったって数字が上がらない」「固定客以外の一般人が観てない」と自虐的に語っていますが、アイデア勝負の独創的で斬新な企画を連発し、無名タレントを次々と発掘していくことから、業界視聴率が最も高い番組の一つとして知られています。この番組が火付け役になったタレントさんとして有名なのがお笑い芸人の三四郎さんやアイドルの小池美由さんです。他にも「この若手知ってんのか!?2015」に出演したおかずクラブのゆいPさんは「今でもターニングポイントになった番組は?と聞かれると必ずゴッドタンと書きます。ここからキス我慢、フジの深夜ドラマ主演へと繋がりました。とにかく業界視聴率が凄い」と話されています。

視聴率はあまり芳しくないですが、非常にコアなファンが多いことでも知られています。人気企画の「キス我慢選手権」のDVDシリーズ累計売り上げは2013年時点で50万枚を突破しています。その企画は映画化も果たしています。公開から2週目で黒字収入となりました。ちなみにその映画は佐久間宣行さんが初の映画監督としての作品としても知られています。佐久間さんは「ゴットタンが終わるときは、テレビマンにおける青春時代の終わり」「これが終わったら、あとは大人として仕事をこなすだけ」と語り、劇団ひとりさんは「この番組が終わったら僕は司会者になります。だからもし予算がきつかったらギャラはいらないから、番組続けてください」と語るほど、制作者、出演者ともに強い思い入れを持って取り組んでいる番組と言えます。また佐久間さんは「(笑いの)『最高速度』を何度か見ることができたから、行けるところまで行ってみよう」とも言っています。

2017年8月26日に放送された「最初で最後のゴールデンスペシャル」がギャラクシー賞8月月間賞を受賞しました。

レギュラーはおぎやはぎさん、劇団ひとりさん、テレビ東京のアナウンサーである松丸友紀さんがいらっしゃいます。その他準レギュラーとしてバナナマンさん、東京03さんなどがいらっしゃいます。最近では松丸アナが産休で休養していたため代役として朝日奈央、野呂佳代が交代で代理MCを務めています。本来は他のタレントさんも呼ぶ予定になっていましたが二人の交代に落ち着きました。ちなみに朝日さんが下ネタ系の企画で出るのが難しいときに野呂さんが出ることが多いです。松丸さんが復帰した後は「たまに出るだろう」と佐久間さんのinstagramでコメントされています。

 

 ゴットタンの企画

 アイドルにおっぱいを見せてもらおう

DVDが発売されるたびに行われている企画。レギュラー陣がDVDを発売したので景気付けにアイドルのおっぱいを見せてもらおうと交渉する。今の所全て失敗しているが、劇団ひとりさんは大沢あかねさんと交際、結婚に発展していることから本人は「今の所一人だけ成功している」と語っています。その大沢さんが出演したときはすでに交際していたため結婚後におぎやはぎさんから「俺たちはピエロになった」「飛んだ茶番」とまで言っています。この企画の良さは真剣に作戦を立てて必死になる、そしてそれが失敗するそのバカバカしさが特徴で、松丸アナも積極的に協力します。手島優さんは4度に渡り出演していますが、「ゴットタンはこの企画にしか呼ばれない」と不満を漏らしています。

 

芸人マジ歌選手権

お笑い芸人さんが自作で「マジ歌(ギャグ抜きで真剣に作った歌)」を発表して、完奏できるかを競う企画です。審査員は口の中に牛乳を含みながら笑いを堪えます。芸人さんは真剣ですが様々な理由で面白いポイントが審査員の笑いを誘発させます。

 

日村勇紀(バナナマン)

マジ歌シンガーたちのリーダー格です。順番は基本的にトップバッターです。初期はフォークギターで弾き語りを行い、題材は女の子の気持ちを歌った作品が多いです。その後「ヒム子」として活動。ヒム子ーズのテーマは楽曲提供で、ヒャダインさんが作曲しています。曲は急に転調したり、顔芸を披露して笑いを誘います。

 

角田晃広(東京03)

演奏技術・歌唱力・楽曲の完成度ともにプロ級の腕前で、CDデビューもしています。東京03の元マネージャーの大竹さんが楽器を弾けるためサポートとして、参加しています。ですが演奏技術が高すぎて角田さんより目立ってしまうのがいつもの流れでとても面白いです。

 

CDはAmazonでご購入できます。よかったら参考までにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

劇団ひとり

毎回大トリを務めています。最近は特殊メイクで芸能人の顔を似せたもので出オチすることが恒例になっています。例えば阿藤快さん、片岡鶴太郎さん、田原俊彦さんなどです。それがとっても面白いです。曲も完成度が高くオペラを練習していたこともあり、ミュージカルが多く、完成度も非常に高いです。

 

 

 芸人マジ歌選手権は特に人気でDVDも発売されています。

 

 

 

 

 

 

キス我慢選手権

セクシーアイドルがあらゆる手段を使ってキスを迫ってくるのを我慢する企画です。控え室や打ち上げなどでAVを視聴させたあと、一人づつ別室に呼び出されて企画が始まります。対戦相手は直前まで視聴していたセクシーアイドルです。

劇団ひとりさんとその対戦相手はアドリブが非常に強いです。そのため毎回ストーリー性の高いアドリブ合戦になりました。そのためキス我慢とは言っていますが実際はアドリブドラマを楽しむという構図が注目されます。ひとりさんのチャレンジはこの企画の目玉で、「Mr.キス我慢」の称号を手にしています。 

この企画は人気すぎて映画化しています。

 

 

 

 

 

 

 

芸能界ストイック暗記王

あるテーマを制限時間内で暗記して、全問正解すると賞金10万円。しかし暗記している最中に「気をそらせ隊」が気をそらせにやってきて、挑戦者の恥ずかしい部分を暴露したり、ミニコントに無理やり参加させるなどをして気をそらせます。この企画は劇団ひとりさんが気をそらせ隊のリーダーで、MCはおぎやはぎの矢作さんです。矢作さんは挑戦者として毎回チャレンジしていますが、毎回芝居形式のコントに気をそらされています。ひとりさんはこの企画の収録時には本番4時間以上前から綿密なリハーサルをこなています。また最近では楽屋弁当が手作りという たった1ボケのために8時間前に現場入りしています。

 

 

この企画もDVD化しています。

 

 

 

 

 

 

筆者の感想

ゴットタンは他にも様々な企画があります。私が個人的に思うのはオオギリッシュNIGHTがめちゃくちゃ好きなんです。でもその派生企画でチャラギリッシュNIGHTがみなさん真面目なので苦戦している時にバカリズムさんが、曲に合わせた面白い歌詞を考えるお題で「え?なに?聞こえなーい!?」みたいな答えを出して最高3点のところ、ウケすぎて5点獲得していた時は芸人さんってやっぱりすごいなって思いました。こんな芸人さんの底力が見られるのもこの番組の素晴らしいところだと思います。