お笑い好き大学生の徒然なるブログ

大学生が時間のあるときに暇つぶし程度に色々なことについて書き綴るブログ

「冷静沈着実力派コント職人」ラバーガールとその新たな笑いの形を紹介!!

実力はあっても時の運で優勝を逃す芸人さんはこの世の中にたくさんいらっしゃいます。その中でキングオブコントでまだ優勝できていない超実力派コンビ、「ラバーガール」さんについてあれこれ紹介して行こうと思います。

 

 

ポーカーフェイスの実力派・ラバーガールとは

f:id:kaiseikamibukuro:20181004221746p:plain


 

 

 

ラバーガールプロダクション人力舎所属のお笑いコンビです。影響された芸人さんは爆笑問題バナナマンさんです。漫才というよりコント師として活躍しています。コントの実力はとても高く、キングオブコントではほとんど準決勝に進んでおり、2010年では5位、2014年では決勝に進出しています。同業者、つまり芸人さんからの評価も高く、2018年のENGEIグランドスラム内で「芸人1000人にアンケート!!本当に面白い芸人ベスト10」において2位に輝いています。ちなみに一位は三拍子さんでした。こんな凄い二人のコント、二人が共同でネタを作っています。ネタは作っても台本を作らないためyoutubeにアップロードされているネタを見て思い出すそうです。しかし頼みにしている動画が消されて困ったこともあったそうです。そんな二人のプロフィールについて詳しく記載して行こうと思います。

 

プロフィール

飛永翼(とびなが つばさ)

 

f:id:kaiseikamibukuro:20181004231242p:plain

1983年2月13日生まれのツッコミ担当です。静岡県出身の身長170cmです。小学生の頃からネタ番組が好きで「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」などをよく見ていたそうです。ちなみに飛永という名字は珍しく全国に1500人程度しかいません。子供の頃から憧れていた爆笑問題さんが所属する事務所タイタンに高校生の頃に電話したんですが、高校を卒業していないと駄目だという理由でオーディションを断られました。そんなこともありインターネット検索で人気のお笑い芸人が所属する事務所を調べると、今所属している人力舎を見つけ「ここに入るしかない」と思い養成所スクールJCAに入りました。その時大水さんと出会いました。その時「緑色のジャージを着た変な人」という印象を持ったといいます。結婚はしていて2012年7月14日入籍しています。また実家が貧乏としても知られています。釣りエサ屋をやっています。さらにアルミ缶で灰皿を作ったり、ペットボトルを加工した風車でそれが全く売れなかったそうです。そんな貧乏な日々で一年間で楽しみだった行事が節分で、父親が貯めた小銭を電気を消した状態で撒いて、それを掛け声と同時に拾うのが楽しみだそうです。ちなみに500円ぐらいあったそうです。

 

 

そんな飛永さんの近況はTwitterで確認するといいと思います。とても面白いので是非!!

 

twitter.com

 

 大水 洋介(おおみず ようすけ)

 

f:id:kaiseikamibukuro:20181005000708p:plain

 1982年12月12日生まれで身長182cmで青森県出身です。コンビではボケ担当。人見知りな性格で魚眼。大水さんは子供の頃からお笑いが好きで、当初は放送作家、ディレクターなどのお笑いに関係する仕事をしたいと思っていました。そのため学校の図書館で「ディレクターになるためには」というような本を読んだ結果、大学に行かないといけないとわかり、面倒くさいとの理由で自分で芸人になったといいます。吉本さんと人力舎さんの二つの養成所に願書を出した結果どっちも合格しました。しかしめんどくさいとの理由で週6の吉本より週3の人力舎を選んだそうです。特技が特殊です。即興でなぞなぞっぽいことを言うというもので、これが非常に面白いです。問題、ヒント、答えの理由の3つの盛り上がりがありそれがなぞなぞっぽいんです。例えば「名古屋のことが大好きな動物なーんだ?」とか「テレビカメラの中に隠れている虫ってなーんだ?」、「一年中夏休みな鳥ってなーんだ?」ヒントっぽいことでいえば「〜を逆から読んで見てください」や「〜をなんども繰り返して見てください」などです。とても秀逸な特技だと思います。大水さんは演技も上手くドラマ、映画でも活躍しています。

 

 ラバーガールの冷静な芸風

 ラバーガールさん自体の芸風は独特の空気感で、相手のずれたとこに冷静にツッコむコントを展開します。ボケとツッコミがともに感情の起伏が少ない印象です。飛永さんがおっしゃるには大水さんのボソボソとした雰囲気から出るボケにツッコミを合わせた結果、必然的に張り切ったツッコミではなく修正する程度のツッコミになったそうです。またこの飄々としたキャラクターを生かしたコントは東京03の豊本さんからのアドバイスを受けて作ったもので、そこからネタ番組で活躍するようになったそうです。そのキングオブコント優勝者の東京03さんから「優勝してもおかしくない実力者」と言われています。

 

 

 ラバーガールのライブDVDはこちらにリンクを貼っておきます。コントが特に面白いので良かったら見てください。

 

筆者の感想

芸能界で売れていくには大変なことだと思います。昔テレビでちらっと「あまり売れなくてもいい」といったようなことを話していたと思います。ライブなども定期的にあり生活は大丈夫なんだと思っていてその点はよかったです。個人的にはもっとネタ番組が増えていき、その番組の看板的なコント師になっていくと嬉しいです。これからもライブ、TV、ラジオいろんな媒体のメディアで活躍してくれることを願っています。キングオブコント優勝楽しみにしています。